PYREX:とは?

パイレックス(PYREX)とは?

コーニンググラスワークス(Corning Glass Works)の商標下に存在するブランド名。

その歴史をたどると、1851年 アメリカ マサチュ−セッツ州サマヴィルにてユニオングラスカンパニー(Union Glass Company)会社を設立。

1864年 会社を売却。 同年 ニューヨーク州 ブルックリン フリントガラス (Brooklyn Flint Glass Company)を買収。1868年 コーニングフリントグラスワークス(Corning Flint Glass Works)と社名を変更し、1875年 コーニンググラスワークス(Corning Glass Works)となりました。その当時は主に、鉄道信号用ガラス、医療用ガラス、温度計ガラスを製造。

1879年 世界で最初の電球がトーマスエジソン(Thomas Edison) により誕生しました。工場にて電球のガラスの供給をしたのが、ナンと!コーニンググラスワークスでした。

 PYREX とは?

パイレックスの言葉の持つ意味には、色々な説があるようです。

ギリシャ語の炎(PYRO)そして、ラテン語の王(EX)を組み合わせ作られた造語説。

ランタンガラス製造のために開発した熱膨張ガラスの製品名 Nonex の exからとって作られた説。

どちらにしても、私にとってパイレックスはアメリカガラス界の炎の王さまです。

次回の PYREX:とは? 1900年代からのコーニンググラスワークスのガラス開発について紹介させて頂きます。

 

ココロのビタミン頂けますか?

Advertisements

Tags: , , , , ,

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s


%d bloggers like this: