Posts Tagged ‘Macbeth Evans’

マクベスエバンス:アメリカンスイートハート

March 9, 2011

Macbeth Evans : American Sweet heart

1930’s-1936’s

 

 

 

 

雨の音といっしょに、

January 7, 2009

dscn2961

                      macbeth – evans   petalware  monax  cup and saucer                  

 

雨の音を聞きながら読書な一日、

なんていいな〜、と振り返りながらのぴちぴちチャプットお出かけ曜日。

週の真ん中水曜日は探しモノがみつかる日。(タブン)

今日は白い傘にトンボ柄、勝ち虫をひきつれての出発デス。

 

dscn4799

ブルックリンを今日は斜めに、おいしい香り漂うトコロへ向かいました。

住宅街の壁画、ちょっとあやしいデス。

雨のせいか、歩きかたもあっちへ、こっちへとジグザグ歩き。電車の中も雨の香りがいっぱいです。

もう見慣れてしまったのですが、雨の日に頭にビニールのショッピング袋をかぶって道を歩く姿をはじめてみた時はとても衝撃的で、流行ですか?と空中で歩いているビニールさんに聞いてみたい気持ちでいっぱいでした、考えてみれば、手っ取り早い傘の代用品。

アメリカで見かける傘は、よほどハイエンドな傘以外はとてもつくりがわるく、雨の日の

傘見物も一つの楽しみです。どこか折れていたり、傾いていたりな傘が楽しくカッポしています。5番街の道でさえ素敵な傘をさした方はほんの数人、日本にはなんてきれいな雨の日のお花がたくさんさくのでしょう〜なんて想像しながらの探しモノ日和。

dscn4258_1

トンボチカラなかなか効き目がありました。

今日の行商仕度は早めに切り上げて、トイレをガマンしたままのもじもじさんで帰宅。

雨の日は気温があたたかいと思い込みがはずれ、部屋のあたたかさが心地よく、猫達はそれぞれ違う場所でのびて寝ています。

ニューヨークのアパートは、冬でも窓を開けるくらいお部屋の中は自動的に入るヒーターで

ポカポカなのですが!ワタシの暮らすアパートはなかなか研究しているらしく、夢の真冬、

キャミソールに短パン姿には無縁ですが、お向かいさんはいつも裸族で一年に一回ほどしか

Tシャツを着ていないので、その日は猛烈に寒い日の証です。

またまた追いついて行かないクリーニングをごしごしして、ちょっとひと休み。

 

dscn6402        vintage glass

クランベルリーティーに檸檬をいれて、(カクテルじゃないですよ!)

すっきり、さっぱり、色も透き通るルビー、

dscn6410

 

アンティーク、ビンテージ グラスのな〜んてことのないグラスにココロひかれます。

グラスのパターンの違いや、グラスの厚みや、色みの違い、そしてアメリカンサイズのごく

ごく飲みサイズ。小さいグラスを少しカラダをきゅっとしめて飲みたくなる気分もすきなのですが、どうやら私はがぶのみ体質のようで、いつもイメージでは腰に手をおきごくごくと、さすがにお部屋はあたたかくても?今日はちょっとづつ飲んでみます、よく味わって、

それでは、ひきつづききゅきゅきゅっと!磨きをかけます。

今日の空、透き通る空していますか?

dscn4429

ココロの種が発芽しそうな本に出会いたい雨の日。

brooklyn bug : new york vintage

 

ココロのビタミン頂けますか? banner_01 five_brown

ココロのビタミン:バニラ:マクベス エバンス

August 30, 2008

 

dscn20702

 

昭和を感じるモノにココロひかれます。

何かに追いついて、追い越そうとする世代だったのでしょうか、小さな私の目に映る昭和を生きた大人達は、気合いの入った、不良の雰囲気を持っていたように感じます。

この数日、頭の中は昭和の音楽が回り回っています。真空管ラジオから聞こえてくる少しくもって、ところどころかすれた感じの暖かい音質。

こんな時は、マクベスエバンス:ペタルウェアーのミルクグラスのヒカリが映えます。

できれば、これから少し気合いの入ったドレスを着て、デパートの屋上遊園地へお出かけしたい気分です。

 

dscn2070_11

そして、忘れずバニラアイス。

 

 

ココロのビタミン頂けますか?