Posts Tagged ‘new york’

ニューヨーク:ART:白い紙への思い、

March 29, 2009

citym11

Brooklyn Bug : New York Vintage

 

今日は前に紹介させて頂いた、ニューヨークでアート活動をする仲間達のライブペイントを映したドキュメントが昨夜 You Tube にアップされました、

お時間を頂ける時、是非ご覧頂けたらウレシく思います。

 

今回のライブペイントの映像のご紹介について、 ライブペイントと音のコラボレーションを、是非、テーマーである fuckin’ war の枠をとりはらって、 一枚の白い紙に込めた思いとして、ご覧いただけたらと考えております。 宜しくお願いいたします。 Brooklyn Bug : New York Vintage : Run

fuckin’ war:

action paint by : fumihiro matsuzaki

improvisation music by : satoshi oyanagi

camera by : run fujieda

edit by : toshikazu kaneiwa

 

originally shot in 2006, edited in 2009 .

 

遊びに来て下さってアリガトウ、☆☆☆オウエンココロのビタミンデス☆☆

にほんブ�グ村 雑貨ブ�グ アンティーク・レト�雑貨へ banner_01 five_brown

アリガトウゴザイマス☆

MIXED MEDIA at B P M:向かうところテキアリ後編

December 14, 2008

dscn5494

オハヨウございます、と起きたらすっかり夕方時間。

mixed media ショーを b p mで楽しみすぎた結果の日曜日をちょっと影響を受けてしまいました、とばかりにブイン〜ブインとジューサーで氷を砕き昨夜のショーからいただいたココロの色にあわせて、クリアガラスのゴブレットにとても繊細な氷とライムを入れ、まだまだ

つづくショーの興奮の行き場を考えながら、ゆっくりと今日は大切な飲み物をいただくように、ごくっと飲んでいます。

dscn4935

mixed media と題するショーは三部構成になっており、

coexistence:carving  : Hisayasu Takashio

                          painting : Fumihiro Matsuzaki

                          music  : William Poul Delp

 

 

 

 

旧いピアノから流れるこの日のためのやさしい、ゆったりとした音が流れだし白い空間に

線を描きだしはじめ、コンコンこんと木を削りだす音が混ざりだします。ここちよい緊張感を感じ、彫刻をつくりだす音、絵を描きだす音、ピアノのをやさしくたたく音が解け合いひとりずつが違う行動をとりつくりだしながら、同じひかりの差す方向へとむかっているようにみえました。ふるいピアノは細かな内部の状態を見せながら、根のない木に水をあげ、

真っ白な紙には木炭で描きだされる、繊細でチカラ強い線がいくつも生み出され、

クライマックスはすべてがゆっくりと解け合う世界がそこに表れました。なんだろうこの

気持ち、地の下から何かがゆっくりと芽をだす瞬間にであったような感触。

total eclipse 2008: action painting bass Naoki Iwakawa

                                  piano : Carlo Altomare

                                  engine  : Hidetaka Takasaki

                                  sculptor : Muneto Maekawa

                                  drum : Yoshio Kobayashi

 

dscn5088

ブンブンブウーンと裸のバイクの音、チェンソーからも違うブウイーと響く音、中身をさらけ出したピアノの内部からつくりだされるおと、そして極上のドラム、ドロッピングをはじめ、炎で描きだされる線、リハーサルありですか?と感じてしまうくらい即興観あふれるパフォーマンスなのに、ノイズに近い音や行為がまざりあい、観客のココロを引き寄せるテンポを感じました。ウルサいがここちいい絵のサーカス。

アクションペイントはじめ、パフォーマンスを観る時気になるてんがいつも一つあって、

本人がどれだけ、その世界に没頭しているか?ワタシはそこがいつも重要で、

その空間をつくりだす人に、すこしでも何かのゆれる部分を感じるとその空間の外にいる

わたしは、なんだかとってもはなれたこころを感じてしまうのが苦手で、アクションペイントやライブペインティングを遠ざけて過ごしていましたが、今回のmixed media ショー

は、すべてがココロに響いてきました、ひとりひとりの行き先がよくわかり、迷子がいない

空間でした。なにより作り手の方々の楽しい気持ちが最後まで漂っていました。

 

THE PSYCHIC PARAMOUNT

dscn5263dscn51371dscn5237

以前ニューヨークの音楽シーンでご紹介させていただいた、サイキックパラマウントの登場です。mixed mediaショーのクライマックスはどこまでもつづく広大な空間を今音をとおして感じられるライブ。

ヨーロッパツアーを目前に控えたTHE PSYCHIC PARAMOUNT。ますます充実し、重量感ありながら、上にのぼりつめる、音つくりに向かうところテキナシ。

dscn54691

たっぷり、ごちそうをいただいた ブルックリンのベットフォードにある、B P M前から

の景色のなかには、おいしい香りいっぱいのイベントから流れ出すおいしい空気が流れだしているようです。

b p m : 237 Kent Ave, Brooklyn

 

ココロのビタミン頂けますか? tracommu80_15 banner_01

日曜の空。

November 10, 2008

dscn3354

久しぶりのキレイな色の空。

やっと昼間の色も好きになれるようになってきたけど安心するのは夜の色。

夜景とかは写真などで観ても感動や うっキレイ!!なんて感じた事はなかったけれど、実際目の前にすると何てきれいなんだろうって思える不思議。

自分も蜂の巣のような夜景の一部になってくらしているのかな?ココで、、、(だいぶ貢献しています)

ひとつひとつの窓の中ではトンでも想像のつかない暮らしがあるのでしょう。

私の空間では、いつも小さな音をたてて大切な仲間達が今走りまわっています。

dscn32931dscn32961

 

The New Yorker なんて名前のポテトチップを発見。コレを食べると実は本物のニューヨーカーになれるカモ?

開けてビックリ、青のりポテトチップ。

ニューヨーカーを日本味にしちゃいました。パリっパリ食べるとブルックリンキャットのカタワレのモモがただものではない状態になります。パリっ音またたび効果。歩きかたもご近所さん風ジャンクフードも大好きな下町育ち。

dscn3309dscn3363

見上げる空のした、もう夕方にはこんなお顔がはじまります。

ココロのビタミン頂けますか?

brooklyn bug:new york camp

November 7, 2008

 


dscn0970

シアワセのかたち。

ニュヨークの達人に教えてもらったオートキャンプにはまってしまってから約2年の月日が過ぎました。サムサム キャンプの季節がやってきました。キャンプにハマる! これは私にとって自己変革に近い大きな出来事でした。

コレまでアウトドアとは無縁の生活を過ごしてきたため、まずあったかお洋服も持っておらず、フリース素材なんて!本当の食わず嫌いでしたが、 今やアウトドアのカタログがまるで vogue 誌のように見えてしまう今日この頃です。

まず、音がない、ないと不思議と口ずさんだりやたらと早い曲が頭の中で回り出したり、私のキャンプソングはめっぽう早く、パキパキのボノボです。

何も無いところでは不思議となにか作り出したくなるのかな?、人間は? 楽しいデス。

 

 

dscn08952dscn09973dscn09271dscn0967

 

野生の鹿、ターキー、熊にも出会えるココもニューヨーク、ブルックリンから車で3時間ほどの楽園デス。

 

dscn09091

キャンプの楽しい時間、美味しいモノをつまみながら、ゆっくり薪の炎をみながらとりとめの無い話に はながさく。

空の上には街ではみえない星がたくさんイマス チープなお酒も極上酒にハヤガワリ、小さな自然の素敵がたくさんつまった宝箱。

私のシアワセのかたち。

dscn29993

ココロのビタミン頂けますか?

ひとりゴハン:野菜トーストと素朴なコーンスープ

September 16, 2008

フェデラル:スナックセット

 

スープがいつも飲みたくて、スープゴハンの後はいつになく上機嫌になっています。明日の元気のためにと夜窓を閉めて、ブーンとミキサーで作っておいたコーンスープと、薄切り食パンにアンティチョーク アボカド トマトを乗せて焼いた野菜トースト。

素朴コーンスープ材料 (2−3人分)

コーン缶詰(クリームタイプ)

タマネギ 4/1(今回1/2)

バター ほんのチョット

ローファットミルクか豆乳 300ml

水  約180ml

塩コショウ、ナツメグ(ちょっぴり)

msgなし、固形チキンスプーの素1/4、

または、水のかわりにチキンストック。

最後に入れる生クリームはお好みで。

みじん切りのタマネギをバターで炒め、コーン缶と水(チキンストック)を加えて煮立ったら、お水の場合は、チキンスープの固形を入れます。(ベジタブルストックでも美味しいです)弱火にして約3分ほど煮て火からおろし、あら熱がとれたら、ミキサーへ入れ、塩コショウナツメグをお好みで入れてブーン、ブーン−ンとしてお鍋に戻し、お好み調味料のお味みして、クリーミ好きな方は生クリームを入れて下さい。こし器でこさないので丸ごとトウモロコシの食感を楽しめる簡単素朴スープ。冷たく冷やしても美味しいです。

野菜トーストは、ベースにわさびマヨネーズをぬり、トマトのたねをとり、アンティチョーク、レモン汁をかけたアボカド、フェタチーズを少し、最後にレモンマヨネーズをスプーンで乗せたら、トースターで焼いて出来上がり。塩コショウはお好みですが、フェタチーズがパンチがあるのでさっぱり、しっかりなお味になります。そしてまたまた登場のパクチー、(コリアンダー)。

Federal Glass (フェデラルグラス社)のスナックセット、ミルクグラスのお皿が雲のような、パレットのような?形にフラーワーデザイン、このスナックセットの本来の役目(立食仕様)をはたすため、お皿の底の部分が格子がらのようになっていたり、ボコボコドットで凹凸があったり、相方のカップもこぶりで、持ち手の部分などもすべりにくいデザインになっています。

立食パーティーのグットデザイン賞を差し上げたいのですが、実際手に乗せて立って食べるのには、少し大きな体と大きな手のひらが必要かな?フェデラルのスナックセットのグラフィックは、この他にバラ、小さなお家柄などもあり、これらのちょっと乙女シリーズをマッチョな男性が持っている姿はあまり想像がつかないせいか?箱入り、未使用がまだまだ手にする事が出来る一品です。

ワンプレート料理にも大活躍なスナックセット、立食仕様では無いモノも沢山あります。また のらりくらりですが、紹介したいと思います。

今日はこれから集中力、またちょっと暑いブルックリン冷たい素朴コーンスープと野菜トーストでエンジンをかけ、

さあ出発デスの brooklyn bug ☆

 

フェデラルのスナックセット他にも素敵柄あります☆

 

ココロのビタミン頂けますか?